このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません » INFORMATION Vol.60 間もなく発刊です! | D-MARK MAGAZINE | 日本発!日本国内のタイ情報フリーマガジン

日本発!日本国内のタイ情報フリーマガジン

D-MARK MAGAZINE > INFORMATION > Vol.60 間もなく発刊です!

Vol.60 間もなく発刊です!
date: 2016.11.04 modified: 2016.11.04

  • Check

最新号Vol.60が間もなく発刊となります!

 

今号の特集インタビューは、モデル・女優・歌手など芸能活動のみならず、大学講師というアカデミックなキャリアを持つ、マルチタレントのベーベー=タンチャノック・リティナーカーさん。幼少のころからTVや雑誌に露出していて、とくに20~30代のタイ人OLには絶大な人気と影響力をほこる彼女のサクセスストーリーは、頻繁にマスコミの話題にのぼるほど。最近ではビューティ&ヘルス情報のインフルエンサーとして自慢の腹筋シックスパックを披露するなど、インスタグラムのフォロワー数はなんと160万人超え! タイ語と英語を自在にあやつる有名女優であり、大学でマーケティングを教える才女…複雑な現代を生き抜くタイ人女性としての実像に迫った内容になっています!!

 

そして、タイ在住ジャーナリストの小堀 晋一(こぼり しんいち)氏による現地レポ、今号タイトルは『開かれた権力の奥の扉』。国民からの絶大な支持を得ていたプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が死去、ワチラロンコン皇太子の即位の時期について様々な憶測が飛び交う中、王位空白期間は国王側近のプレム枢密院議長が「摂政代行」に就くことに。国王死去後のこうした動きの背景には、今なおプレム議長が厳然たる権力の地位にあることを示す一方で、“プレム後”が育っていない現実も浮き彫りになっている…と小堀氏は言います。黒子に徹してきたプレム摂政代行が表舞台に登ることで、これまで均衡を保ってきた権力のバランスに微妙な変化が生じる可能性も…!?

 

さらにさらに、前号からの新連載の、不動産事業25年のJASDAQ上場「株式会社ラ・アトレ」の海外部門グループ企業『ラ・アトレ アジア(タイ)』がお届けする最新タイ不動産情報! 今号は『―タイ人はどういう不動産物件を買い求めるのか?』、タイ人に人気のコンドミニアムの傾向について写真付きで解説しています。ぜひ手に取ってみて下さいね!!

Comments are closed.